ホームページ

ボリビアで発見された謎の肉食獣「ゴーストドッグ」を捕獲。

ボリビア北東部Beni の高台で、謎に包まれとらえどころのない「ゴーストドッグ」またはアマゾンドッグ(Atelocynus microtis)の最初の標本が発見されました。

生きたまま捕獲された最初の標本で、都市部の地域で偶然発見されました。大きさはキツネほどあります。

生後7〜8ヶ月の若い動物で、保護した獣医は、「睾丸がまだ腹部から降りていないため」アダルトではないことに気づいたと言います。

photo Agencia Noticias Ambientales
思いがけない発見
ボリビア北東部、Beni の高台で、「ゴースト・ドッグ」またはアマゾン・ドッグ(Atelocynus microtis)の生きた標本が初めて発見されました。この動物は、都会で偶然発見され、専門家にとっても驚くべき発見となりました。
photo Agencia Noticias Ambientales
「ゴーストドッグ」の唯一の特徴
歩き方に特徴的な「ジャンプ」があり、指の間にアヒルのような膜があるため、泳ぎが得意な動物です。小型哺乳類、魚類、果物、爬虫類などを食べ、大きさはキツネほどです。
photo Agencia Noticias Ambientales
キャプチャーとリカバリー
慎重に観察した結果、「ゴースト・ドッグ」はエサ付きのケージ・トラップに捕らえられました。体調はあまり良くありませんでしたが、獣医は命を危険にさらすことがないよう、鎮静剤を使うことを避けました。葉酸を含む鶏レバーの食事により、体重は回復しました。
photo Agencia Noticias Ambientales
模範的な若い動物
「ゴーストドッグ」は推定年齢7〜8ヶ月の若い動物です。保護した獣医は、まだ十分に発育していないオスであることに気づきました。捕獲後、National Center for Genetic Improvement に、さらなる分析のために連れて行くことになりました。
photo A.microtis_by Galo Zapata-Rios_WCS
絶滅の危機に瀕している種
アマゾン川流域で最もとらえどころのないイヌ科動物のひとつとされ、この孤独な捕食者よりもジャガーを見かけることの方が多い。アマゾンの森林伐採は彼らの存在を危うくし、カリフォルニア大学の研究者によると、2027年までにこの動物の個体数が30%減少する可能性があるという。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.