道路から

信じられない話:ネズミがATM機内の紙幣を破壊したとき

2018年、インドの都市Tinsukiaで、ネズミの集団がATM機内の紙幣を台無しにし、大きな経済被害をもたらすという信じられない出来事が起こりました。

この事件は世界中で驚きと好奇心を呼び起こし、ネズミの行動やATMの安全性についての一連の憶測を呼び起こしました。この記事では、この信じられないような話を詳しく見て、ネズミがなぜこのような行動をとったのかを考えてみたいと思います。

また、金融技術の脆弱性や、野生動物や自然環境からの脅威を防ぐために社会が直面している課題を明らかにし、この出来事が持つより大きな意味についても考察します。(出典:BBC)

Getty Images
信じられない話:ネズミがATM機内の紙幣を台無しに
2018年、インドの都市Tinsukia で、ネズミの集団がATM内の紙幣を台無しにし、大きな経済的損害を与えるという信じられない出来事が起こりました。この事件は世界中で驚きと好奇心を呼び起こし、ネズミの行動やATMのセキュリティに関する一連の憶測を呼び起こすことになりました。ここでは、ネズミの行動とATMのセキュリティについて、何がネズミの行動を促したのか、また、金融技術の脆弱性、野生動物や自然環境からの脅威を防ぐための社会的な課題など、この事件の持つ意味について、より深く考察していきたいと思います。(出典:BBC)
Getty Images
何が起こったのか
インド北東部、Assam に位置する都市Tinsukia で、信じられないような事件が発生し、世界中を駆け巡りました。BBC が報じたように、ネズミの群れが地元の銀行内のATMで500ルピーと2000ルピーの紙幣を台無しにし、使用不能にするという惨事が発生しました。修理に来た技術者は、120万ルピー(約13,300ポンド、17,600ドル)以上の紙幣が破壊されているのを発見しました。(出典BBC)
Twitter: @NANDANPRATIM
ネズミの登場
銀行員と地元警察は、台無しになった紙幣を発見し、紙幣に混じってネズミの死骸も発見しました。このネズミの死骸が、紙幣をかじるという謎を解く証拠となったのです。Hindustan Times が報じているように、地元警察は、ネズミが配線の穴から機械に侵入したのだろうと述べています。
Twitter: @NANDANPRATIM
銀行のセキュリティ
この事件は、銀行のセキュリティや顧客のお金を守ることについて、いくつかの疑問を投げかけました。また、お金を扱う場所にネズミがいると、衛生面や汚染の問題につながる可能性があるため、公衆衛生に関する懸念も出ています。
Getty Images
ダメージ!
この事件は、どんなに小さな動物でも、好都合な環境であれば大きな被害をもたらすことを示しました。この事件では、ネズミが大量の金銭を破壊し、ATMを使用不能にしてしまいました。このような動物による被害に対する対策は十分とは言えず、今後、より効果的なセキュリティ対策が必要となります。
Twitter: @NANDANPRATIM
ソーシャルシェアリング
Tinsukia 地区のState Bank of India 支店内で破壊された銀行券の写真は、ソーシャルメディアで広く共有されました。その中の1枚には、瓦礫の中にネズミの死骸も写っていますが、あえてお見せしないようにしました(写真の人物は破壊された紙幣を手にしています)。
アートギャラリー プライベートコレクション
20/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.