CRAZY PEOPLE

億万長者の無神経な贅沢:マクラーレン・セナGTRを超高層ビルの57階まで運ぶ

“ミスター・ランボ”の愛称で知られるエイドリアン・ポーテリさんは、高価な車の熱心なファンで、300万ドルのレーシングカーを所有しています。最近、彼は自身のソーシャル・プロファイルで、メルボルンの超高層ビルの57階にある彼の高級ペントハウスまで、クレーンを使って車を運ぶ様子を紹介するビデオを公開しました。

車がSapphire by the Gardensタワーの57階まで運ばれる映像は、ウェブ上で多くの批判を浴びました。多くの人が基本的なニーズを満たすのに苦労している時に、過剰な贅沢だと考えたユーザーが多かったようです。

photo video youtube
私たちはオーストラリアにいます
“ミスター・ランボ”の異名を持つエイドリアン・ポーテリは、高価な車が好きで、300万ドルのレーシングカー車を所有しています。最近、彼は自身のソーシャルプロファイルで、メルボルンの超高層ビルの57階にある彼の高級ペントハウスに、マクラーレン・セナGTR 57がクレーンで運ばれている様子を示すビデオを公開しました。
photo video youtube
過剰なまでの贅沢
サファイア・バイ・ザ・ガーデンズ・タワーの57階で自動車を輸送する写真は、ウェブ上で多くの批判を集めました。多くの人が基本的なニーズを満たすのに苦労しているときに、過剰な贅沢だと考えたユーザーが多かったようです。
photo video youtube
賛否両論
オーストラリアの「グリーンズ」のリーダー、アダム・バント氏は、多くの人々が貧困や飢餓の中で暮らしている一方で、ランボ氏のような金持ちには税金の払い戻しを与えていると、オーストラリア政府全体を批判しました。これは、オーストラリアの税制と、最も困っている人への資源の再分配に関する政策について議論を呼び起こしました。
photo video youtube
たくさんの質問
“ミスター・ランボ”の物語は、多くの人々が生きるのに苦労している世界で、所得分配と過剰な贅沢についての議論を再び呼び起こしました。多くの人が、自分の車を高級高層ビルの57階に持ち込むのは、純粋な悪徳行為なのか、それとももっと深いもの、つまり現代社会に存在する経済的不平等の象徴なのか、と考えたのです。
photo video youtube
マクラーレン・セナGTR 57
マクラーレン・セナGTRは、史上最速のクルマのひとつであると同時に、最もエクスクルーシブなクルマのひとつでもあります。世界に75台しか存在しないため、その価値は約300万ユーロに上ります。このクルマは、マクラーレン史上最もパワフルなロードカーであることを忘れないでください。4.0リッターツインターボV8は、825馬力を発揮します。
photo video youtube
これについて一言…
なぜそうなるのか、不思議でなりません。オーストラリアで最もパワフルな不動産開発者の一人とされるエイドリアン・ポーテリによるこのような行為は、単に時代の流れによるもので、生きること、この場合は運転することよりも、見栄や見せたい気持ちが強くなっているのではないかという疑問が湧いてきます。
アートギャラリー プライベートコレクション
19/06/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
18/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.