ホームページ

謎の「ロシアのスパイ」クジラの動きが速い!フバルディミールは何を探しているのか?

ノルウェー沿岸で数ヶ月間姿を消していた謎のシロイルカ(愛称:Hvaldimir)が再び目撃されました。

このクジラは「Equipment St Petersburg」という文字が刻印された独特のハーネスを持っており、海洋生物学者たちは、ロシア海軍のスパイとして訓練されたのではないかと考えていました。

今回、フバルディミールがスウェーデン沖で目撃されたことで、さらに心配が募っています。仲間を探しているのか、それとも単に他のシロイルカを探しているのか。いずれにせよ、自然環境から突然姿を消したことで、海洋生物学者たちは多くの疑問を抱えています。

ノルウェーでは、このクジラはとても愛されており、その福祉を確保するために保護を主張する人も少なくありません。

photo instagram @wiiig
Hvaldimirの再来
名前は25,000人が参加したオンライン投票で決定されたものです。ノルウェー語で鯨の「hval」と、ロシア大統領 Vladimir Putinのファーストネームの「Vladimir」を融合させた「Hvaldimir」 。2019年4月、ノルウェー北部の北極海の海域で発見された白色ベルーガ鯨。社交性で知られる鯨類だが、漁船に接近するなど過剰なまでの社交性を見せています。
photo instagram @wiiig
「ロシアのスパイ」説
ノルウェーの北極圏でクジラが初めて目撃されたとき、専門家は人間が作ったハーネスを取り外しました。そのハーネスには、アクションカメラ用のホルダーと「Equipment St Petersburg」の文字が印刷されていました。このため、ロシアとの関係が疑われ、ロシア海軍の訓練を受けているのではないかという憶測が流れました。しかし、モスクワは、「ロシアのスパイ」ではないかというノルウェーの憶測に対して、公式な反応を示すことはなかったのです。
photo twitter @onewhaleorg
不思議な動き
もともと2019年にノルウェーで軍用っぽいハーネスを装着して目撃されたベルーガが、スウェーデン沖で再び目撃されました。ノルウェー沿岸の上半分を3年以上かけて移動していたこのクジラは、ここ数カ月で急に加速して後半をカバーし、スウェーデンに移動しています。シロイルカのスウェーデン到着は、自然環境から急速に離れたことを考慮し、研究者の間で懸念されています。
Jørgen Wiig/Fiskeridirektoratet
鯨の健康への懸念
OneWhale団体の海洋生物学者であるSebastian Strand氏は、「近年、クジラの健康状態は非常に良好であるようで、ノルウェーのサーモン養殖場で天然の魚を探し求めていた」と述べています。しかし、専門家は、スウェーデンで餌を見つけることができるかどうかを懸念しており、すでに体重の減少が確認されています。シロイルカは体長約6m、寿命は40〜60年であることを考えると、このクジラの健康状態への関心が高まっているのです。
photo instagram @wiiig
クジラの加速の動機
クジラが急加速した理由はまだ不明です。専門家は、シロイルカはホルモンが非常に多い年齢であり、仲間を探している可能性があるため、ホルモンのせいではないかという仮説を提唱しています。あるいは、ベルーガは非常に社交的な種であるため、他のシロイルカを探しているのかもしれません。いずれにせよ、Svalbard氏はノルウェー北岸と北極の中間に位置するこの群島には、最も近いベルーガの集団が生息しているため、懸念は高まる、としています。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.