CRAZY PEOPLE

森の中で発見された3,000年前の "高速道路"「マヤ

インカ(ペルー)、アステカ(メキシコ)と並ぶコロンブス以前の三大文明の一つであるマヤの領土から、文字通り驚くべき発見がなされました。実際、現在のグアテマラとメキシコの間には、巨大な高速道路網が発見されています。

道路と橋の複合体は3000年も前にさかのぼることになり、発見した科学者チームは、エジプトのピラミッドの発見と比較し、その重要性を説いています。この「ハイウェイ」は数百キロにわたって続き、417もの古代マヤの集落に交差していると推定されています。

この発見には、ライダーと呼ばれる新技術が使用されました。ライダーはレーダーの一種で、密生した植物に隠された存在を明らかにし、3Dの復元画像を作成することができます。

Di Daniel Schwen - Opera propria, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7647
マヤ、森の中に3,000年前の「高速道路」発見
インカ(ペルー)、アステカ(メキシコ)と並ぶコロンブス以前の三大文明の一つであるマヤの領土から、文字通り驚くべき発見がなされました。現在のグアテマラとメキシコの間にある領域で、実は巨大な高速道路網が発見されたのです。
Pexels
研究内容
このニュースは、ワシントン・ポストの紙面で報道され、アイダホ大学の研究教授であり、マヤの歴史を専門とする非営利科学団体「人類学研究・環境研究財団」の代表であるリチャード・ハンセン氏が率いる考古学者チームが2015年から行っていた調査と呼応しています。この米国とグアテマラの共同考古学研究は、ケンブリッジ大学出版局から出版されました。
Pexels
3,000年前まで遡る複合施設
研究者の推定によると、この施設は1000年頃、つまり3000年前のものです。この「ハイウェイ」を研究する過程で、コロンブス以前のマヤ文明の中心地のひとつであるバラムナル遺跡が発見されたと研究者は語っています。この遺跡は、マヤの最も有名な遺跡であるメキシコのユカタン半島にあるチチェン・イッツァ(紀元400年代前半に建設)の1000年前、あるいは2000年前にさかのぼります。
Pexels
科学者が発見したこと
貯水池につながるダムシステム、ピラミッド型のモニュメント、農業インフラ、遊び場まで、調査の過程で確認されています。しかし、特に、何百マイルにも及ぶ道路網は、417もの古代集落や複合施設を結び、まさに小さな町として機能しています。110マイル(約178キロメートル)の「スーパーハイウェイ」は、研究者たちが「世界初のハイウェイシステム」と呼んでいます。
Pexels
研究に使われる新しい技術
ライダーというレーダーの一種を使い、密生した植物に隠れているものを発見し、3D画像で再構成することができます。そのため、実際の発掘は行わず、「バイオニックアイ」を使用しました。
Di User:PhilippN, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3000471
マヤはこれまで考えられていたよりもずっと進んでいた
この発見を受けて、研究者はマヤの既知の歴史の多くを再考することを余儀なくされるかもしれません。それは、時間軸を先取りするだけでなく、狩猟採集民の遊牧社会というこれまでの考え方よりもはるかに進んだこの文化の社会経済・政治的分析を再考しなければならないだろうということです。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.