ホームページ

バングラデシュの樹木医、いまだ苦闘中:難病は試練に満ちている

Bangladesh人のAbul Bajandarが、「ツリーマン」症候群として知られる珍しい遺伝性疾患を患い、BangladeshのDhakaにある Dhaka Medical College Hospital DMCH の火傷病棟で治療を待つ間、病院のベッドの上に座っています。

Abul Bajandar(32歳)は、免疫システムの機能不全に関連する病気によって引き起こされた、木の破片のように見えるこの珍しいいぼを取り除くために、過去7年間に20回以上の手術を受けてきました。

医師によると、彼は疣状表皮異形成症という、伝染性はないが不治の病に罹患していると言います。

photo Ansa
Bangladeshにいます
Abul Bajandarは、Bangladesh に住む32歳の男性で、珍しい遺伝病によって手にできたイボのために「ツリーマン」というあだ名で呼ばれています。彼は地元でごく普通の子供時代を過ごしましたが、数年後に自分が世界中に知れ渡ることになるとは思ってもみなかったでしょう。この珍しい病気は、彼の手に木の皮のようなものがたくさん生えていることから名づけられました。
photo Ansa
果てしない試練
Abul はこの7年間で20回以上の手術を受け、異常なイボを取り除きました。そして今、彼はさらなる手術を受けるために再び入院しています。 彼は5月13日に入院しました。
Photo Getty
思春期から始まったトラブル
10代の頃、Bajandarは手足の皮膚に小さなイボがあることに、さほど気に留めることなく気付き始めました。そのうちに、この奇妙な形はどんどん大きくなり、数も増えていったのです。ナイフで切除しても効果がなく、痛みを伴うため、青年はついに村の医者であるホメオパシーと薬草の専門家に相談することにしたのですが、残念ながら事態を悪化させるだけでした。
Photo Getty
状況は悪化
20歳を過ぎた頃から、イボが植物の樹皮のように見えるようになり、どんどん増えていきました。5年もすると、イボはさらに増えていき、ついには両手を覆い尽くしてしまいました。
photo Ansa
診断とその希望
Abul Bajandar は、ヒトパピローマウイルスに感染しやすい遺伝子変異による遺伝性皮膚症である疣状表皮異形成(EV)、別名Lewandowsky-Lutz 症候群と診断されました。「普通の人のように生きたい。娘を腕に抱いて抱きしめることができるようになりたい」と、彼は語りました。何度か手術を受け、ようやく自分の手を使って食べたり字を書いたりできるようになった後、再びこのような状態になってしまいました。そして今、再び介入することが必要となっているのです。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.