ホームページ

スパイバルーン精神病。中米論争が続く、北京に挑発的な設置?

スパイ気球をめぐる米中間の論争が止まらない。European Press Agency が公開した写真にあるように、米国のスパイ気球とされるものに類似した設置物が北京のショッピングモールにも出現している。

米国はまず、米国領土上空を飛行する中国のスパイ気球とされるものを通報し、後に撃墜する措置を取った。その後、別のスパイ気球疑惑が報告され、中国は、米国が過去1年間に少なくとも10回、自国の領土上空を飛行した疑いがあると報告し、これに反論した。

さらに中国は、北部の港湾都市付近で未確認飛行物体が発見され、地元当局がこれを撃墜する用意があることを明らかにした。

ANSA
北京のショッピングモールに出現したインスタレーションは、米国のスパイ気球疑惑を彷彿とさせる?
スパイ気球をめぐる米中間の論争が止まらない。European Press Agency が公開した写真にあるように、米国のスパイ気球疑惑に似たような設置物が北京のショッピングモールにも出現しているのである。
ANSA
米国のスパイバルーン疑惑を模した設置物
北京のショッピングモールに設置されたインスタレーションは、アメリカのスパイ気球問題を嘲笑うかのようだ。風船だけでなく、登場人物の中にもアメリカ文化を想起させるようなものがある。
ANSA
2023年2月4日以降に起こったこと
米国は、中国のスパイ気球が米国領土上空を飛行していることを最初に報告し、後に撃墜していた。
ANSA
米国の非難と中国の対応
その後、別のスパイ気球疑惑が報じられ、中国は「米国は過去1年間に少なくとも10回は自国領土の上空を飛行している」と反論してきた。
ANSA
中国外相の発言
また、中国は外務省を通じて、北部の港湾都市付近で未確認飛行物体が発見され、地元当局がこれを撃墜する用意があることを知らせた。
凶暴な動物たち
29/02/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.