ホームページ

トリノでINDOORがスタート:ドローンで移植用臓器を輸送する最初のプロジェクト

医療や手術の技術だけでなく、実際の物理的な病院にもテクノロジーがどんどん入ってきています。トリノでは、ドローンによる生体物質の輸送を実現することを目的とした「INDOOR 」というプロジェクトが立ち上がりました。

最終的な目的は、移植用の臓器を遠隔操作の航空機で輸送できるようにすることで、手術の迅速化と人命救助を実現することです。このプロジェクトは、トリノのMolinette病院でFondazione D.O.T (Organ Donation and Transplantation)によって発表されました。

しかし、ドローン輸送の本格的な導入がいつになるかは、まだわかりません。現時点では、不活性物質を使ったテストですが、センターでは、長くても2、3年以内にすべての準備が整うだろうと予想しています。

Freepik
INDOOR トリノでスタート:ドローンで移植用臓器を輸送する初のプロジェクト
医療や手術の技術だけでなく、実際の病院にもテクノロジーがどんどん入ってきています。トリノでは、ドローンによる生体物質輸送を実現するプロジェクト「INDOOR 」が始動しました。最終目標は、移植用の臓器を遠隔操作の航空機で輸送し、手術の迅速化と人命救助を実現することです。このプロジェクトは、Fondazione D.O.T (Organ Donation and Transplantation)がトリノのMolinette 病院で発表しました。しかし、ドローンによる輸送の実際の導入時期については、まだ時期尚早であると言えます。現時点では、不活性物質を使ったテストですが、センターでは、長くても2、3年以内にすべての準備が整うだろうと予想しています。
Freepik
医療の新境地を切り開く
2023年4月13日、トリノのMolinette 病院で、財団D.O.T (臓器提供と移植)により、移植用の臓器やその他の生体物質を輸送するための、初の実験的ドローン飛行を含む新しい未来型プロジェクトが発表されました。報告はSkyTG24からのものです。.
Freepik
プロジェクトの名称はINDOOR
INDOOR (using drones for organ transportation) 」と名付けられたこのプロジェクトは、現在テスト中で、このような繊細な材料の輸送にドローンを使用することの実現可能性、効率、そして何よりも安全性を理解するためのものです。この機体は、パイロットが搭乗せずに遠隔操作で制御されます。このプロジェクトは、トリノ工科大学のサービスロボティクス学科間センター(PIC4SeR )と共同で実施されました。
Freepik
テストの実施方法
実際のテストは、4月末に予定されています。ドローンは自動航行で設置され、生物学的なものや危険なものはありませんが、実際の医療材料を模した不活性物質を運んで約500メートル(地上から)移動しなければなりません。ドローンはトリノのCTOを出発し、Molinette病院の遺伝学棟に着陸する予定です。
Freepik
プロジェクト概要
このプロジェクトは高度な革新性を持っており、「ピエモンテの病院間での生体材料や臓器の輸送を、材料の優れた品質と保存性を維持したまま、迅速かつ自動化することを可能にするものである。さらに、輸送コストの大幅な削減という付加価値もある」と述べています。
Freepik
D.O.T.財団の会長の言葉
D.O.T財団の会長であり、ピエモンテ・アオスタバレー地域移植センターのディレクターであるAntonio Amorosoは、「移植のための臓器輸送のリスクと時間を大幅に削減することを目的としたプロジェクトである」と語っています。
Freepik
最初の運用型ドローンはいつできるのか
現時点では、その期間はまだかなり長いのですが、このテストは重要な第一歩を意味します。2023年までに、センターは完全に動作するドローンを手に入れることを期待しています。しかし、実際に有機物を輸送できるようになるには、まだ2、3年かかるかもしれません。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.