自然界の出来事

ピトン・ド・ラ・フルネーズ火山の2023年最初の噴火

7月2日の日曜日、レユニオン島にあるピトン・ド・ラ・フルネーズ火山が2023年最初の噴火を記録しました。

午前8時50分、標高2000メートルの地点で亀裂が生じ、溶岩が東側山腹の地表に到達しました。この噴火は、サン・ローズとサン・フィリップの間のレーヴ通りから見ることができました。

地震の振動はすでに1時間以上前に始まっており、この段階で約600回の地震が記録されました。現在開いている噴火亀裂からそう遠くない場所で、2020年にすでに別の噴火が起きていました。

Getty Images
ピトン・ド・ラ・フルネーズ火山の噴火
7月2日の日曜日、レユニオン島にあるピトン・ド・ラ・フルネーズ火山が2023年最初の噴火を記録しました。
Getty Images
標高2000メートルで開いた亀裂
午前8時50分、標高2000メートルの地点で亀裂が生じ、溶岩が東側山腹の地表に到達しました。この噴火は、サン・ローズとサン・フィリップの間のレーヴ通り(Routes des laves)から見ることができました。
Getty Images
記録された地震危機
地震はすでに1時間以上前に始まっており、この段階で約600回の地震が記録されました。現在開いている噴火亀裂からそう遠くない場所で、2020年にすでに別の噴火が起きていました。
Getty Images
活動のモニタリング
火山活動を監視しているのはピトン・ド・ラ・フルネーズ火山観測所のスタッフで、火山性微動を感知し、地表へのマグマの到達も予測していました。遮られた溶岩噴水の高さは比較的低いようです。
Getty Images
短い噴火
噴火は短時間だったと考えられています。同じ7月2日の12時頃、溶岩の流れはすでに急速に弱まり、ほとんど感知できないほどになっていました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.