CRAZY PEOPLE

エベレスト登頂:2023年、ネパールの許可証発行数が過去最多に

Everest への登頂は、間違いなく人間が成し遂げることのできる最も偉大で最もセンセーショナルな偉業の一つです。そして、それは多くの(裕福な)人々、特に中国や北米の人々の手に届くものになりつつあるのです。

極端な気象条件のため、1年に数週間しか登頂できないという事実を考慮すると、常に多くの混乱があり、数千ドルを払ってでも世界最高地点に到達しようとする多くの人々がいるのです。

しかし今年は、ネパールが過去最多の登山許可を出したため、問題が発生する可能性があります(登山には特別な許可が必要)。ベースキャンプや山頂が混雑し、登山者の安全が脅かされる危険な状況になる可能性もあります。

Wikipedia.org/Flickr.com
Climb toEverest: 2023年、Nepal の許可証発行件数が過去最高を記録。
Everest への登頂は、間違いなく人間が成し遂げることのできる最も偉大で最もセンセーショナルな偉業の一つです。そして、それは多くの(裕福な)人々、特に中国や北米の人々の手に届くものになりつつあるのです。極端な気象条件のため、1年に数週間しか登頂できないという事実を考慮すると、常に多くの混乱があり、数千ドルを払ってでも世界最高地点に到達しようとする多くの人々がいるのです。しかし今年は、ネパールが過去最多の登山許可を出したため、問題が発生する可能性があります(登山には特別な許可が必要)。ベースキャンプや山頂が混雑し、登山者の安全が脅かされる危険な状況になる可能性もあります。
Di Moving Mountains Trust - Flickr: Western Cwm - 14th May 2011, CC BY 2.0, https://commons.wikimedi
ネパール、過去最多の許可証を発行
今春のEverest への登山者は463名(65カ国、男性367名、女性96名)ですが、専門家は山頂での危険な過密状態を懸念しています。
ANSA foto
Everest に登るには許可証が必要
Everest に登るには、ただ現地に行けばいいというものではないことを、皆さんはご存知でしょうか。ネパールの観光局から登頂の許可を得なければならないのです。そして、この状況をアメリカのCNN(broadcast )に話したのは、まさにこの観光局の局長Yubaraj Khatiwadaです 。
Getty Images
Everest は、通常5月に登る
もうひとつ、あまり知られていないことですが、山頂に到達できる時期が1年のうちで決まっていて、しかも短いということです。多くの登山家は、5月に登頂を目指します。5月中旬以降、気温が上がり、jet stream と呼ばれる高地風が山から遠ざかる短い期間があります。しかし、時には秋にも挑戦する人もいます。
Getty Images
へのアクセス方法Everest
Everest の登頂プログラムには、登頂の時期と低い気圧への順応の時期が含まれています。登山者は、スタッフやガイドsherpa とともに、標高17000フィート(約5200メートル)に位置するEverestのベースキャンプまで、約2週間かけて歩きます。その後、約2週間かけて高度に順応し、天候の良い日を待って、さらに4日間かけて他のキャンプに到達し、最後に頂上まで登ります。
Getty Images
過密状態になった場合の対応について
山頂を目指す大勢の人々が交通渋滞を引き起こし、まるでスーパーマーケットのように登山者が静かに順番を待つという、本当の行列ができる。これらの画像はウェブ上で見ることができますが、実に不条理であり、世界の大部分で問題を引き起こしているマスツーリズムの現象をここでも証言しています。Everest の頂上へ行くのに、「人が多すぎる」という理由で、行列に並ぶというのは、信じられないことです。
Didrik Johnck - Flickr.com
問題解決に向けた自治体の働き
今春、登頂許可を得た460名以上の登山家には、ベースキャンプや頂上で1,500名以上のネパール人シェルパやその他のスタッフが同行する予定です。観光が主な収入源であるネパール当局は、すでにキャンプスペースの拡大や、山頂での行列を避けるため、同じルート上にできるだけ多くのロープを設置するなどの対策を行っています。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.