ホームページ

夢のような発見:オーストラリアのアマチュアが15万個の金塊を発見

金の研究に情熱を注ぐオーストラリアの男性が、安価な金属探知機を使って15万ユーロ(24万豪ドル、出典:9news.com.au)相当の金塊を発見しました。この発見は、ビクトリア州の「ゴールデン・トライアングル」と呼ばれる、バララット、ベンディゴ、セント・アーノーの間の金の産出が多い地域で行われました。

匿名の男性は、小川の近くで金で覆われた4.5kgを超える石を発見しました。石の一部をメルボルン南部のジーロングにある専門店に持ち込むと、その莫大な価値を知らされました。

この金塊を査定し、買い取った専門家のダレン・カンプは、43年のキャリアで見たことのない、一生に一度の発見だと言いました。

photo by Darren Kamp
一生の思い出になるような発見
廃墟となった古い鉱床から金を見つけることに情熱を注ぐオーストラリアの男性が、一生に一度の大発見をしました。15万ユーロ(24万豪ドル、出典:9news.com.au)相当の金塊です。この男性は、安価な金属探知機を使って、ビクトリア州の「ゴールデントライアングル」にあるバララット、ベンディゴ、セントアーノーの間の地域を探索中に、4.5kgを超える石を発見しました。
photo by Darren Kamp
ビクトリア・ゴールデントライアングル
ビクトリア州のいわゆる「ゴールデントライアングル」は、オーストラリアの広大な地域で、露天掘りの金鉱とされ、1800年代からのゴールドラッシュの中心地でもあります。この地域は、バララット、ベンディゴ、セントアーノーの3つの町の間に広がっています。
photo by Darren Kamp
金塊の評価
その男性は、自分が見つけた岩にどれほどの価値があるのか知りたくなり、匿名希望で岩の一部をメルボルンの南、ジーロングの専門店に持ち込みました。店員のダレン・カンプは、その標本を鑑定し、その価値が非常に高いことを教えてくれました。Kamp氏は、「一生に一度の発見だ」と言いました。
photo by Darren Kamp
映画のような発見
匿名希望者は、かさばるリュックサックを背負ってカンプの店に行きました。普段は金のように見えるが金ではない石や、小さな岩の破片を受け取ることが多いカンプ氏だが、2.6kgの金を含む金塊を見て驚きました。奥さんもさぞかし喜んだことでしょう、男性は石を半分だけ持ってきて、残りの半分は家に置いてきたと明かしました。
photo by Darren Kamp
アマチュアの優れた発見
43年間、金産業の専門家であるダレン・カンプ氏(写真)は、男性が見つけた金塊は、これまで見た中で最も大きな標本であるといいます。大きな標本は大企業が見つけることはあっても、アマチュアの探知機でこれほど大きなものを見つけるのはほとんど不可能です。カンプ氏によれば、これは人生を変える標本だといいます。
photo by Darren Kamp
最大級の金塊を発見
このような発見は稀ですが、オーストラリアは世界最大の金埋蔵量を持つと推定されており、この大陸では多くの最大級の金塊が発見されています。世界最大の金塊は、1869年2月5日にオーストラリアのビクトリア州で発見されたもので、重さは72キログラムでした。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.