ホームページ

中国、初の国産機「C919」を離陸させる。

中国初の国産旅客機C919が本日、上海空港を離陸し、首都北京へ向けて初飛行を行いました。

エアバスやボーイングの単通路ジェット機の優位性を崩すために作られた164席の航空機ですが、エンジンやアビオニクスなど、依然として欧米の部品に頼っています。

製造元のコマック社はすでに1,200件以上の受注を獲得していますが、そのほとんどが国内顧客からに過ぎないと指摘する専門家もいます。

photo twitter @SpokespersonCHN
私たちは上海(中国)にいます
上海を10時45分に出発し、北京に13時10分に到着する予定です。中国全土で最も忙しいこの路線で、当日のうちに戻ってきます。エアバスやボーイングの独占を崩すべく、15年の歳月を経て、コマック社のC919が飛び立ちました。この「メイド・イン・チャイナ」旅客機は、ここ数ヶ月の間に何百時間もの試験飛行を行った後、日曜日に初の商業飛行に飛び立ちました。
photo twitter @SpokespersonCHN
"メイド・イン・チャイナ "でありながら、そうではない
しかし、164席の機体は、エンジンやアビオニクス(航空機に搭載される電子機器)など、欧米の部品に大きく依存しています。
photo twitter @SpokespersonCHN
生産計画
国営の中国東方航空は5機を発注しています。コマック社は今後5年以内に年間150機を生産する計画で、すでにC919の注文を1,200機以上確保していると主張しています。しかし、一部の専門家は、これらの注文のほとんどは国内顧客からのものであると主張しています。
photo twitter @SpokespersonCHN
熱意が伝わってくる
数年前、C919型機のコックピットに座った習近平主席は、このプロジェクトを中国の最も革新的な成果のひとつと評しました。
photo twitter @SpokespersonCHN
"メイド・イン・チャイナ "の考察
この航空機の最大飛行距離は3,500マイル(5,630キロメートル)で、最大158~168人の乗客を乗せることができます。「何世代にもわたる努力の末、我々はついに欧米の航空独占を打ち破り、ボーイングのために8億枚のシャツを買うという屈辱から解放された」と北京日報紙は書き、中国が国際貿易に開放された初期の時期、主に低付加価値商品を生産していたことに言及しています。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.