ホームページ

航続距離965km、時速240kmで走行する長距離輸送用ドローン。

無人航空機(ドローン)の技術は飛躍的に進歩しており、近い将来、注目すべき商業的な応用が可能になるかもしれません。具体的には、MightyFly 社が、パイロットなしで、停止することなく、完全に自律的に900km以上の距離を、荷物を輸送することができるドローンの最終段階のテストを開始する承認を得たと報じられています。

改良を続けるこのドローンの技術により、航空配送の世界に革命を起こし、会社とエンドユーザーの双方にとって時間と何よりのコストを半減させることができるのです。

この分野では新しい時代が始まろうとしており、先行してスタートした人物が将来的に優位に立つことになるでしょう。

photo screenshot youtube
MightyFlyの"Cento"を使ったデリバリーの未来
Federal Aviation Administration (FAA) によるMightyFly の「Cento VTOL」の承認を受けて、長距離ドローンを使った配送が現実のものになろうとしています。同機は中長距離輸送の評価を受けるためのゴーサインが出されました。
photo screenshot youtube
新しい提供の仕方
このドローンは垂直離着陸が可能で、推定航続距離は600マイル(965km)、積載量は現時点では45kg(100ポンド)となっています。
photo screenshot youtube
MightyFlyの新型ドローンで変わること
MightyFly は、企業にとって最もコスト負担の大きいセグメントに変化を起こしたいと思っています。ラスト・マイル・デリバリーhub から最終受取人まで。従来のビジネスモデルは、最もコストのかかる陸送で構成されていました。
photo screenshot youtube
MightyFlyのいくつかの特徴
その航続距離と吊り上げ能力はすでに素晴らしいものですが、「Cento」には、無人航空機輸送ソリューションとは異なる多くの特質があります。最高時速150マイル(240km)、重量355ポンド(約161kg、最大積載時)、設置面積はかなり小さいです。
photo screenshot youtube
Cento のサイズとバッテリー
MightyFly は長さ4メートル、翼幅5メートル(4メートル×5)で、Cento には標準的な車約2台分の駐車・着陸スペースが必要となります。離着陸に使用する8個の電気モーターは、ハイブリッド推進システムにより、飛行中に充電することができます。
photo screenshot youtube
Cento が時間を稼ぐのは
30馬力(30.4PS)の熱機関により発電し、飛行中はその電力でバッテリーを充電することができます。これにより、「Cento 」は、地上での静電放電停止が不要となり、配達時間を大幅に短縮することができます。
photo screenshot youtube
人的貢献の最小化
MF-100の荷台"Cento"には、96個の小包を目的地まで運ぶことができます。積み下ろしはベルトコンベア方式で行い、地上局からの搬入・回収に人が介在することを少なくしています。
photo screenshot youtube
これは最終版ではありません
2022年12月に段階的にテストを開始しました。MightyFly はドローンを積載量227kg(500ポンド)の効率的なモデルに拡張する計画であると伝えられています。
photo screenshot youtube
セキュリティシステム
ドローンの安全システム「Distributed Electric Propulsion 」は、着陸時のローターの動作を監視します。プロペラの1つが故障や不具合を起こしても、他のユニットが揚力を補うことで、安全な着陸操作が可能になります。
photo screenshot youtube
広がるプロジェクト
このソリューションにより、MightyFlyは 、交通、道路システムの構造、配送先への到達しやすさなど、最も一般的な障害を解決・回避することを目的としています。2019年に設立された同社は、2021年4月に510万ドルの初期資金を確保することに成功し、現在はビジネスモデルを拡大するために物流パートナーを募集しています。
アートギャラリー プライベートコレクション
20/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.