ファイア

イラン産原油の密輸が疑われる石油タンカーがマレーシアで火災:3名が行方不明

イラン産原油を積んだアフラマックス型タンカー「パブロ号」がマレーシア南方海域で火災に巻き込まれました。

乗組員の大半は別のタンカーと現地の海事局によって救助されましたが、3名が行方不明となっており、事故原因の究明が続けられています。

パブロ号は長年にわたり所有者や旗のリストがあり、United Against Nuclear Iranによると、2019年以降少なくとも10回にわたってイラン産原油の密輸が疑われています。

Getty Images
私たちはマレーシアの南部にいます
マレーシア南部海域で火災が発生した石油タンカー(アフラマックス型)から行方不明の乗組員3名の捜索と救助活動が、火災発生から約20時間続いています。報道によると、乗組員のほとんどは、同海域にいた別のタンカーとマレーシア海事執行庁(MMEA)によって救助されたとのことです。
Getty Images
事故に巻き込まれた船の海運史
事故に巻き込まれた船は、イラン産の石油を運んでいたため、特に海事に関する検査が行われています。火災の原因や全体の状況についての詳細はまだ解明されていませんが、シンガポール海事港湾庁は、このタンカーをガボン籍の「パブロ号」と特定しました。
Getty Images
シンガポール当局が救助活動を監視している
シンガポール当局は、救助活動を監視し、燃え盛るタンカーと行方不明の船員の捜索について、船員に継続的な警告を発しています。ジョホール州マレーシア海事執行庁(MMEA)のヌルル・ヒザム・ザカリア長官による声明によると、当局は昨日午後4時にガボン籍の船舶から遭難信号を受信していました。
Getty Images
乗組員:救助と行方不明
MMEAは直ちに救助艇を現場に派遣しました。別のタンカー、エノラ号が燃えている船の救助に駆けつけ、18名の乗組員を救うことに成功しました。MMEAによると、同社の救助船Petir12が2人の乗組員を救助し、3人目の船員は別の船によって救助されたということです。今朝の情報では、最終的に、乗組員28名のうち23名が救助されたことになっていますが、乗組員名簿はまだ作成中です。
Getty Images
物議を醸した歴史
出火の経緯は不明ですが、MMEAの画像では、船が炎に包まれ、それに沿って進んでいく様子が確認できます。このタンカーに貨物が積載されているかどうかは不明ですが、画像を見る限り、水面から高い位置にあるように見えます。このタンカーは1997年に日本で建造され、26年間のその経歴を見ると、所有者リストが長くなっています。Equasisのデータベースには、2018年から7人の名前と旗が記録されており、拘留されることなく受けた検査の回数は過去最多となっています。
Getty Images
イラン産原油の密輸が疑われる
イランの監視団体である反核イラン連合(UANI)は、この船は以前からイラン産原油の密輸が疑われていたと、そのメモで述べています。UANIグループは長年、パブロ号について追跡調査を行ってきました。パブロ号は、2019年に制裁が正式決定されて以来、少なくとも10回にわたってイラン産原油の輸送が疑われています。パブロ号は全長761フィート(232メートル)で、4月18日に中国Zhoushen、リアウ諸島の停泊地から出航しました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.